俺ん家の芝生は青い。

なるべくふざける

物語と現実の違い


スポンサーリンク

季節が変わりつつある。

この前までは暑い暑いと思って過ごしていた。少し肌寒くなってきたかなって思ってたのも束の間,もう完全に寒い。家ではストーブをつけてる。

日が落ちるのも早い。18:00前でもう真っ暗。

同時に日が昇るのも遅い。

寒いし,明るい時間は短くなるけど,いいこともある。

 

ついこの間まで毎朝小鳥に起こされていた。それがなくなった。

小鳥のさえずりで目が覚めるってのは,文字にすると物語のような情景が思い浮かぶ。「チュンチュン」ってかわいい鳴き声が遠くから聞こえてきて,小鳥が窓辺に降り立つ。朝の日差しが枕元を照らして,目をこすりながら起きる。

 

でも,これが現実になるとそんなかわいい朝じゃない。

俺の住んでるとこの庭がジャングルと化しているってのもあるし,クーラーがなくて窓を全開にしてるからよく聞こえるってのもあると思う。

でもそんな環境は物語と同じ。白雪姫や塔の上に住んでるラプンツェルだって同じ条件のはず。

 

小鳥の起こし方について物語と違うと異議を唱えたい理由。

まず時間帯。時計を確認するとかなり正確で,午前3時40分前後。10分もずれない。時計もないのに,,生物の神秘。早すぎる。

 

そして何よりも無視できないのが,その声量。

一人一人は「ちゅんちゅん」みたいなかわいいことを言ってるのかもしれない。でも全員で合唱を始めるので「ぢゅぢゅぢゅぢゅぢゅんぢゅんぢゅん」みたいな轟音になって襲ってくる。

 

それからかわいい小鳥が窓際に止まることもない。ジャングルのどっかにはいるんだろうけど姿は見えない。だからほんとは小鳥なのかすらわからない。

 

窓からの日差しも結構強い。なんなら暑い。

 

顔をこするとよだれ。

 

これが物語と現実の違い。

 

ただ,聞こえなくなるとそれはそれで少しさみしい。

今度小鳥にあったら少し優しくなれそう。

広告を非表示にする