俺ん家の芝生は青い。

なるべくふざける

鼻水を見てしまう


スポンサーリンク


どしても見たい論文があったので山の上の附属図書館北青葉山分館に行ってきた。
時間がなかったので,きついとは思ったけどチャリで向かった。
道が暗かったのと自転車道が整備されていなかったので,一気に登ってしまえ!と猛ダッシュした。
バスで何度か通ったこともあるし,チャリで登れない坂に出会ったことがなかったので,なかなかな激チャを披露した。

一度横断歩道で止まるしかなかったから止むを得ず止まった。
その瞬間から一気に頭痛くなってきて,標高が高いからか肺も苦しくなった。
とろろみたいな唾液がどんどん出てきて,ぺって吐いてもどんどん出てくる。
もはや嘔吐物の量だったように思う。(少し盛ってます)

で,なんでこんな山の上にキャンパス作るんだよ。あれか?武将か?高いとこに建てとけばオッケーみたいな気持ちなのか?なにがオッケーだよ!って文句を考えながらなんとか図書館まで登った。もう登山に近いね。

で,トイレ行ってうがいして少しスッキリしたんだけど,今度は鼻水が出てくる。
鼻水もびーってかんだんだけど,チラッと見ると米粒の小さいやつみたいなのが出ててびっくりした。

なんで鼻水って見ちゃうんだろうね?

その後かかわることもないのに。
風邪の時ならまだわかる。色とかで症状を把握できたりするらしいから。
なんで特に問題ないときも見ちゃうのか。疑問に拍車をかけるのが,毎回見る度に「うわっ」て思ってすぐ捨てる自分の行為。例えばだよ,何かの拍子にかんだ後の鼻水見たら砂金混じってた!とかなら毎回見るのわかる。だけど,そんなことはない。毎回見たくないものを見る目つきでうわって思って捨てるだけ。
たまに鼻血が出たらぉ!?って思って誰かに見せたくなるけど,見せられた相手も気持ち悪いの感情しか出てこないだろう。

そんなことを考えながら論文コピーしたらお釣り取るの忘れたようだ。
もう戻る時間がないので,寄付します。何かの役に立ててください。
90円。1枚10円以下の時代にリッチなコピーを楽しめました。

広告を非表示にする