俺ん家の芝生は青い。

なるべくふざける

未来を買って頂く


スポンサーリンク

人は商品を買うのではなく、未来を買う

 

有名な話だけど、

工具店でドリルを探している方は、

ドリルが欲しいのではなく、

それを使って開ける穴が必要。

 

新しくwebプロモーションの話をする際も、

ヴァンテージがメインでご支援しているサービス内容やその仕組みを伝えるのではなく、

未来はどう変わるのか、

そういう話をしなければいけないなと思った。

 

未来が見えてくると、

絶対にどうやって?って話になるので、

そのときに初めて説明が必要になってくる。

 

急に、数値で分析して〜とか広告いくらぐらい出すと〜、みたいな話はポカーンな顔の人を増やすだけ。

 

お互いの共通の理解や前提がないと先に進まない。

 

だから例えが有効になってくる。

できる人はすぐに例えが出てくる。

 

サービス内容ではなく、

未来を説明する。

 

そしてその未来を実現させる方法を説明できなきゃ口だけぼーず。

 

急に商品のサービスを説明するんじゃなく、

普通の会話をする。

 

決して商品が欲しくて時間を取って頂けたのではない!

広告を非表示にする