俺ん家の芝生は青い。

なるべくふざける

鏡を見る回数とその角度


スポンサーリンク

男子はわかると思う。

中学途中ぐらいから高校にかけてやたらと鏡を見るようになる。

おそらくワックスを使い出す時期と重なっている。

 

ちょうどこの時期,自分のなかに理想とするものが出来上がってくるんだと思う。

髪型についてもそう。

 

ワックスを使うと固まってしまって変な角度になってもそのままになってださいからって理由もあるし,自分のなかの理想の髪型に重なるように微調整を繰り返す必要があるのだと思う。

 

だから頻繁に鏡を見るのだけれど,ある角度で髪型を設定したあと,別の角度から確認するという行為が行われる。

 

すると,ガッチガチに固めて自分の理想に重ねたはずの髪型に少し違和感を感じるのか,少し手直しを加える。

 

それで終わればいいのに,小学校の頃に習った信号のルールのように,右から見て,左から見たら,最後にもう一回右から鏡を覗き込まないと納得しない年頃。

 

だから鏡の前で端から見ると違いのわからない微調整を永遠に続ける男子が急増する。

時代は経って,そういうことをする大人もよく見かけるようになった。

日本におしゃれな人が増えていいなと思いました。

広告を非表示にする