読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺ん家の芝生は青い。

なるべくふざける

薄っぺらい正義感が周りにも迷惑をかける

お金頂いて、それ以上で返すのが真っ当

 

こんばんは。カットンボーイです。

これものすごく嬉しい。

ヴァンテージメンバーが順に頂いているけど、

いざ自分が頂くと、いいなあって羨ましく見ていて想像していたより嬉しい。

f:id:shojimichio:20170420234709j:plain

 

そんなカットンボーイが今日考えたのは、

ビジネスマンだろ。ボランティアでやってんじゃないんだよ。ってこと。

 

クライアント様の売上拡大に向けて施策を考えていたが、

現状の提供サービスでは対応できなさそうだなとなった。

商材がなければつくればいい、ということに気づかせてもらい、

そこまでは良かった。

 

で、新プロモーションを考えて、先方に提案し、気に入って頂けたが、

最後の料金体系の段階で、成功報酬を提案してしまった。

 

未知のプロモーション方法だったので、

成果はわからないですよね、成果が出たら頂きたいです。と伝えてしまった。

これはうっすい正義感だなと振り返って思った。

どちらかというと偽善だな。

 

実際にそのプロモーションのためにヒトが動くわけだし、

動いてもらうの申し訳ないから、自分で作業しようと考えたわけだが、

俺の時間だって、会社から給料頂いてるので、利益の出ない作業をしていては、他の方が生み出した粗利を貪っているだけになる。

土日や夜や朝にやってもいいのだけれど、その時間も限られている。じゃあ、一睡もせずボランティアで正義ぶって仕事引き受けて、24時間がいっぱいになったらそれ以降の仕事は引き受けません、だととんだ正義ごっこ。

日中のパフォーマンスも下がる。

 

だから正解は、しっかりと費用を頂き、ヒトにも動いてもらい、全力で取り組み、成果で返す!これ。

 

成果出せなかったときの保険はいらない。

これなら出せる!まで考え抜いて、そして自信持って提案したらいい。

だからひよって成功報酬なんかにするのは、自分にも、先方にも中途半端な態度。

真っ当に向き合っていない。

 

真っ当に超やる。